三角絞めに入れた時の担ぎパス(Stacking Pass)対策

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。

今日も道場で練習していたのですが、三角絞めvs担ぎパスというシチュエーションになりました。担ぎパスを防ぎきったのですが、練習後そのシチュエーションについてあれこれと研究をしました。

その際に使ったのは、こちらのDVDにあるライアン・ホール式のディフェンスだったのですが、それを発展させてスイープまでする動画を見つけましたので紹介します。(ライアン・ホールの動画は見つかりませんでした。見たい人はDVDをご購入ください。)

2つとも同じテクニックです。
ライアン・ホール式は、相手の腰を手で押して自分の方に詰められるのを防ぐという方式でしたが、この動画では、担ぎに来た際に角度を付けて足をすくってスイープしています。スイープして三角マウントまでいければより安全になるので、良いですね。

担ぎパスは三角絞めのカウンターでもっともよく使われる技なので、三角絞めを使う人は必修課題です。
ぜひ使いこなせるようになりましょう。

研究所からは以上です。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする