常識にとらわれずスタンドで糸通し!青木真也「空気を読んではいけない」

スポンサーリンク

こんにちは。
青木真也選手の本読みました。

私はどちらかというと青木真也マニアなので、特に目新しいことはなく、これまでにインタビューで読んだことのある内容が多かったです。
以前も似たような話をどこかの記事で読みましたが、↓これ。

映像をみることに関しても、格闘マニアと言っていいぐらいだろう。練習以外の時間があれば、世界各国で行われている試合をインターネットでチェックして、過去の戦いもビデオを取り寄せ、歴史を遡って研究したりもする。

あの技の引き出しの多さは、動画チェックにあったのですね。
かつて、前UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズもスピン系の技はYoutubeで見たと言っていました。
最近、私も三角絞めの動画をよく見て勉強しているのですが、テーマを絞ってみていると勉強になりますね。
私は試合全体を見ていると飽きてしまうので、三角絞めに当面絞ろうと思います。

そんな青木選手の目ン玉飛び出そうなぐらい凄い技と言えばスタンドからの糸通し → 三角絞めと腕取りのダブルアタック

そんな青木選手のもっとも印象的な三角絞めを紹介します。
青木選手と言えば、DreamやPRIDEで見せたフットチョークやエディ・アルバレス戦のヒールホールドなど印象的な試合を思い浮かべる人は多いと思いますが、私にとってもっとも衝撃的であった試合は、修斗での菊池選手との試合です。

立ちながらの糸通しをやりつつ、三角絞めと腕のダブルアタック。

なんですか、この地獄みたいな状況は?

空気を読まず、既存の常識にとらわれない青木選手だからこそのオリジナリティー溢れる技です。
誰もスタンド状態で糸通しやるなんて想像しないでしょ。
人の想像力は無限大です。

道場で練習、、、、、、いや、さすがにこの技無理だ。

三角絞め研究所を購読する

購読・フォローして頂けると更新頻度があがります。たぶん。

購読する→follow us in feedly

スポンサーリンク

フォローする