裏三角絞めに入れてから極めるコツ的なモノがわかった

スポンサーリンク

最近、裏(横?)三角絞めの研究を行っています。

自分が下のポジションから裏三角の足のクラッチまでいけるのですが、その後どうしても逃げられてしまうことが多かったのですが、
その答えは、金古選手DVD「EXTREME SHRAPNEL GUARD」とこの動画を見ていてだいぶわかってきました。

いつも股がれて逃げられるどころかパスガードされてしまうことがおおかったのですが、動画見ていたら、股がれないように腕で相手の腰を抑えていますね。
自分を乗り越えられないように手でブロックするというなんともシンプル答え!
オモプラッタの際に前転で逃げられないために腰を抱くのに近いイメージでしょうか。

この動画でも「around the body」と言って相手の腰を固定しています。

これもそう。

相手の腰を丸抱えでいいみたいですね。
入り方はいろいろあれど、最後のフィニッシュは同じだ。
勉強になった。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする