TEEPEE Triangle? RIZINで元谷友貴選手が使った洗濯バサミチョーク

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。

大晦日のRIZINみました?
何かと那須川天心vsメイウェザーに注目が集まりましたが、三角絞め研究所で注目したいのは元谷友貴選手のTeepee Chokeです。
今回はTeepee Choke(洗濯バサミチョーク)を取り上げてみたいと思います。

まずはTeepee chokeを見てみよう

三角絞めに入れても腕が流れていないこともあって、途中で絞め方を変えました。そのシーンがこちら。4:27あたりです。

うまく絞まらないとただ痛いだけの技になってしまいます。
↓洗濯バサミマンがいらっしゃいました(笑)

実際にやってみてわかったこと

Teepee chokeとは腿の力を使って頸動脈を絞める技です。

道場でも実際にやってみて試行錯誤したらなんとなくわかりました。

ポイントとしては、足首の辺りで足を組んで思いっきり天井に突き刺さるぐらい足を伸ばすことです。腿の内側で挟む力ではなく、まっすぐに伸ばした結果、腿が強烈な力で閉まります。

また、腿裏に組んだ腕は腕を絞ることによって腿を絞める力のサポートを行います。絞める力がより強くなるわけです。

うまく頸動脈にあたっていないと痛いだけの技になってしまうので道場で試してみてかかるポイントを探してみましょう。

こちらの解説動画がわかりやすいので参考にしてみてください。

以上「TEEPEE Triangle? RIZINで元谷友貴選手が使った洗濯バサミチョーク」でした。
研究所からは以上です。

追記:中井先生のコメント

中井先生がTeepee Chokeについて名前の由来についてコメントしていたので、紹介させて頂きます。(情報をくれた洗濯バサミマンさんありがとー)

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする