ドラゴンボールと和田竜光選手に学ぶ臨機応変と無計画行き当たりばったりの違い

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。

自分の想定通りに物事が進まなくて、イライラすることってありませんか。時間がギリギリなのに電車が遅れて遅刻しそうになったり、自分が幹事の飲み会で人数が直前になって大きく変更してお店との余計なやり取りが発生したり、誰しもが経験したことがあると思います。

そんな時に心を乱すことなく柔軟に、臨機応変に対応して、何事もなかったかのように振る舞える人に私は憧れてしまいます。しかし、「柔軟に臨機応変に対応すること」は一歩間違うと「無計画の行き当たりばったり」になりかねません。

今回は、格闘技を通じて「柔軟に臨機応変」と「無計画の行き当たりばったり」の違いについて考えてみたいと思います。

臨機応変と行き当たりばったりの違いは目的がブレていないか

状況の変化に対応出来ないことは「頭が固い人」とか「時代に取り残されちゃう人」みたいにネガティブな印象が強いです。逆に臨機応変・柔軟性というのはポジティブに捉えられることが多いでしょう。けど、本当にそうなのでしょうか。

行き当たりばったりで何も考えない人もある意味、状況に応じて臨機応変に対応はしています。

臨機応変と行き当たりばったりの違いは目的が状況の変化によってブレるかブレないかです。それを状況変化マトリックスで図解するとこんな感じで分類出来ます。

「状況が変化して、当初の目的からだいぶ変わってしまった」というような経験は誰しもがありますよね。このフレームワークに則って、具体的な事例を見ていきましょう。

臨機応変ではなく行き当たりばったりの事例

ピッコロ大魔王を封じ込めるではなく倒す


ドラゴンボール好きですか??
ピッコロ大魔王編で天津飯が魔封波を習得し、ピッコロ大魔王を封印する為に戦いに行くシーンがあります。
この時、ピッコロ大魔王と退治した際に、ピッコロ大魔王を封印するようの電子ジャーが割れていることに気付きます。壊れているはずのない電子ジャーが壊れている。。。つまり、状況の変化が発生しました。この時、天津飯はピッコロ大魔王を封印するのではなく倒そうとしてしまいます。

ここで起きたことを整理してみましょう。

状況の変化:
壊れているはずのない電子ジャーが壊れていたのでピッコロ大魔王を封印する魔封波という技が使えなくなった

当初の目的:
魔封波でピッコロ大魔王を封印する

状況が変化したあとの目的:
ピッコロ大魔王を戦って倒す

こうなると状況変化マトリックスにおいては、②の「無計画の行き当たりばったり」に該当します。

魔封波が使えなくなってしまったんですから、本来の目的を達成することを考えたら、一旦逃げて、壊れていない電子ジャーをとってくるが正しいでしょう。残念ですが、天津飯のとった対応は臨機応変ではなく、無計画の行き当たりばったりでした。

臨機応変の事例

和田竜光選手の試合

臨機応変の事例について、和田竜光選手のエピソードがとってもわかりやすいので紹介させて頂きます。(本人に直接聞きました。)

2018年11月に開催されたOne Championshipジャカルタ大会に和田選手が出場しました。
対戦相手のエウゲネ・トケーロ選手は、左利きの打撃が強い選手で、右利きの右構えの和田選手はサウスポー対策を1ヶ月かけて入念に錬ってきました。しかし、いざ試合になってみると相手はなんと右構えのオーソドックスでした。このときの和田選手の心境です。

avatar

和田竜光選手

え?え?え?
サウスポーじゃないじゃん。聞いてた話とちげぇぇぇーー

なんだよ~
散々対策してきたのに、、、、

0.1秒後。

avatar

和田竜光選手

まぁ、オーソの方が得意だからいいか。

と考え、その刹那に必殺長倉蹴りを繰り出しています。

実際の試合がこちら。

開始直後に気持ちの切り替えをしたそうです。気持ちの切り替えの速さがすごいですね。

そして、51秒あたりでバックをとります。和田選手の場合はバックが来たらおたつロックを期待せずにはいられませんが、そのままチョークでタップを奪いました。

この状況を整理して考えてみましょう。

状況の変化:
サウスポーだと思っていた対戦相手がオーソドックスだった。

当初の目的:
試合で勝つ

状況が変化した後の目的:
試合で勝つ

和田選手は、状況が変わったことによって手段を変えましたが、目的はブレませんでした。目的が明確なので、臨機応変かつ柔軟性に富んだ試合展開になりました。

正しい臨機応変とはまさにこのような対応のことです。

ちなみにサウスポーに拘って、相手がサウスポーになるのを待つのは頑固ですね。格闘家の方は頑固な人っていなそうな気がする。。。

まとめ:和田竜光選手の試合を見て、勝ちに拘る臨機応変かつ柔軟な試合を堪能しよう

@tatsumitsu13がシェアした投稿


和田竜光選手が1/25(金)にOne Championshipのマニラ大会に出陣します。
既にお気づきの方も多いと思いますが、今回の記事はその宣伝です(笑)

試合中にどんなに想定外のことがおきても、柔軟に対応して難局を切り抜け、目的を見失うこと無く突き進む臨機応変ファイター和田選手の試合をみんなでAbemaTVで応援しましょう!!

追記:
今回とりあげた天津飯を切り出して、私が書いている漫画のブログで発展させました。
よかったらこちらもあわせて読んでください!

https://comicbooktakeover.com/archives/197
この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする