大きな相手への三角絞めディテール編 背中で歩く

スポンサーリンク

自分よりも大きなに三角絞めをやった時に前方向に潰しに来られて外された事ありませんか?
そんな時は「背中で歩け」とよく言われますが、背中で歩く際のテクニックをヘンゾ・グレイシーが解説しています。

三角絞めをした足の膝あたりを同側の腕で押しつつ、もう片方の腕は足首を持っています。
フレームを作って背中で歩くようです。
些細な事ですが、この手の細かいテクニックが成否を決めます。
道場で試してみようと思います。
目から鱗。

スポンサーリンク

フォローする