アジア選手権2019反省会

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。

少し前ですがアジア選手権です。
初戦で負けてしまいましたが、次のためにも反省点は振り返っておきましょう。

Inaba 1

0:30 安定のクローズドガード。袖を掴む攻防で相手のグリップが強くて切れない。そのグリップを裏付けるかのようにフィジカルが強く、ベースを崩せる気がしない。
1:00 膝立ちした相手の右足を自分の左腕ですくいたかったけど、右手のグリップが切れないから怖くていけない
1:12 三角絞めの一歩手前。得意のパターンだが、無理するとポジションを失いそうなのでポジションを優先。そして、左のグリップが切れない。
1:40 持ち上げられたので、デラヒーバに切り替え。デラエックスを作って、これならスイープできるかなと勝手に安心する
2:00 ベースが良いので、なかなか崩せない。
3:00 デラを反対側に差し替え。バックテイク出来ず。
3:15 足交差した左足を潰されてパスされる
4:40 ようやくリカバー、時間がないから極めかバックしかない。三角とデラからのバックテイクをいなされて終了

残念でした。
主な反省点は、ベースが良い相手のデラエックスで崩し方を持つこととパスされ際の足の使い方でしょうか。
もちろん細かい点はたくさんありますが、大きな所はこの2点ですね。

試合以外の面では、ワールドマスターから間隔が短く、連戦は大変だなぁと思いました。連戦であろうと結果を出せる人達はスゴイ。
試合はしばらくお休みして、(俺的)シーズンオフに入ろうと思います。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする