ジャパニーズ・ナショナル反省会

スポンサーリンク

ジャパニーズナショナル2017に参加してきました。
毎回恒例の反省会です。

試合は既に試合前から始まっている

今回は試合に望むにあたり、2点失敗したことがあります。

試合前に風邪を引いてしまった

風邪を引いてなかなか治らずに、2週間ぐらい練習出来ない日が続きました。これまでは特に意識すること無く試合前に練習の強度を上げて追い込んでいましたが、あの追い込みってものすごく大事なのですね。追い込みが出来ないことがこんなにツライなんて。。。UFCファイターを始めとするプロの格闘家が試合前に追い込み用のキャンプをする理由がわかりました。

練習ができなかったので太った

風邪を引いてしまい、栄養を付けて治そうと必死に食ってました。ナチュラルで66kgぐらいなので普段は全く減量すること無くナチュラルウエイトで試合に望んでいるのですが、試合の2日前に体重オーバーが発覚しました(着込みで70.8kg)。1kg弱なのですが、普段は着込みで68kgぐらいの私からしたらまぁ、ドキッとする訳です。前日に食事に気をつけて水抜きしたら、着込みで69kgになりましたが、神経は消耗しました。こういう細かいことがストレスになるので本来は避けるべきです。

試合の方は、、、、微妙

初戦:固い

あまり良いところがありません。草刈りもスイープしきれずに中途半端な展開。中盤のキムラも諦めなければよかったかな。三角、草刈り、キムラ、小手絞りとアタックを続けていたことが評価されて0-0のレフリー判定で勝利。辛勝。

準決勝:不戦勝

不戦勝です。

決勝:スタミナ切れ

最初はいいペースで攻めるも途中でバテてガス欠。最後は全く動けませんでした。動けなかった原因は、練習不足による追い込みがなかったことと風邪の影響で鼻が詰まって呼吸がとてもやりにくかったことでしょう。2回目のサイドポジションを取られてからは体が動かず、鼻が詰まってとてもリアルに苦しい時間が続き、結果キムラを取られてしまいました。3月から初めたピラティスの効果なのかわかりませんが、鼻で呼吸する事は出来ていたようです。

まとめ:技術うんぬんよりも事前準備

負けた悔しさというよりも準備をしっかりできなかったことによる後悔の方が大きいです。技術よりも事前準備の重要性を知るという結果になりました。あと鼻呼吸と減量です。自分がストレス無く動くには欠かせません。これらがわかっただけでも良かったとしましょう。

試合後:
体がバキバキで特に腰のあたりが筋肉痛なのか傷めたのかわからない痛みがあったので、カイロプラクティックに行きました。ゴリゴリやって頂いて結果、筋肉痛と判明。前回のギックリ腰以来、カイロには試合の前後に行くようにしています。メンテ大事。

次はTFCという道場対抗戦になりますが、しっかりと準備して挑もうと思います。
めげずに頑張る。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする