君は進化型バックコントロール「おたつロック」を知っているか!?

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。

突然ですが、青木アワードご存知ですか?
青木真也選手が月に1回、目に止まった試合を表彰するAbemaTVの番組です。
その中で、和田竜光選手が取り上げられました。

和田選手は、総合格闘技Deepの現役フライ級チャンピオンです。その和田選手のオリジナル技、おたつロックを今回は取り上げたいと思います。

「おたつロック」とは進化形4の字ロック

まずは、おたつロックとはどんな技なのか見てみましょう。
この動画の22:00あたりからおたつロックの解説が始まります。

4の字フックのフックしていない方の脚を相手の対側の膝裏に引っ掛けてあえて距離をあけるという柔術のセオリーの逆ですね。
普通のバックコントロールであれば、顔をピッタリと相手の背後から横顔につけろと言われるところですが、おたつロックは真逆です。
上半身がツイスターの用に捻じれるし、逃げられません。総合であれば打撃を落としますが、柔術であれば絞め技を狙うことも可能です。

実際に、練習で和田選手本人からやられましたが、何も出来ませんw
身体はねじれるし、脚のロックはなんだか痛いし地獄の様な技です。

おたつロックを極めておたつアワードを勝ち取れ!

この技を試合で試した人はぜひ、動画と共にご一報ください!
和田選手から「おたつアワード」として、Tシャツをプレセントがありますよ。(ホントです)

佐藤 隆さん(@takashi310)がシェアした投稿

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする