体で覚えるモダン柔術 ベリンボロドリル動画

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。
最近、ベリンボロの打ち込みをやっています。
技のコンセプトは理解出来ても、手数が多く複雑な技が多いのでなかなか覚えてスパーリングで出せるようになりません。
ということで、打ち込みをして強制的に体に叩き込んでいます。
そんなベリンボロドリルの動画を漁っていましたが、いくつかいいのを見つけたのでまとめました。
ベリンボロを練習している人は、参考にしてみてください。

Xフックからツイスターフックへの移行

芝本先生のベリンボロ本にそってベリンボロを読み解いていくとXフック、ツイスターフック、バタフライフック、Zフックの足の制御の仕方の壁にぶつかります。
仕組みを理解して打ち込みを繰り返さないと使えるようにならないでしょう。
ということでドリル動画を見つけました。

ドリル版

Xフックからツイスターフックへの展開を左右で繰り返しています。
相手のお尻を浮かせることがポイントでしょう。

Xフックからのレッグドラッグドリル


Xフックからのレッグドラッグに移行するドリル動画です。
先程のツイスターへの移行もそうですが、このあたりがつながってくると実践的になってくるのでしょう。

Zフックドリル

芝本先生によるZフックドリルです。Zフックとは片足のバタフライフックと言ったところでしょうか。

まとめ:体で覚えよう

ベリンボロをはじめとしたモダン柔術は結局は、足のフックを覚えて、それぞれが連動して使いこなせるようになることなのかなぁと最近思うようになりました。
少なくとも芝本先生の脳内はそんな整理になっているような気がします。

モダン柔術をもう少し掘り下げて自分のモノにしたいと思います。

研究所からは以上です。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする