パンクラス柔術反省会

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。
パンクラス柔術のマスター部門に参加しました。
今回は自分のカテゴリなので負けても言い訳できません。緊張感がありますね。

階級別

初戦

初戦はやはり固いです。
デラヒーバから崩してスイープしてその2点を守り切るという地味な展開です。
途中で下からの飛びつき三角という新たなチャレンジもありましたが、動きの固さが気になる試合でした。

準決勝

三角絞めを警戒されていることがセコンドからも伝わってきます。最初のデラヒーバからのバックテイクを取り切れなかったのは反省ですね。
最後は襟持ちスパイダーからの三角絞めでした。

決勝

この試合でよくわからなかったのが3:13あたりのテイクダウンです。テイクダウンで2ポイント取られたものと思っていて、2-2という認識でした。
それもあって4:00あたりで必死に後三角絞めを狙いに行きました。相手の腕を開くことが出来ず後三角が作れませんでした。
ここで2-0で勝っていると認識していたら展開は違ったかもしれません。悔やまれます。
いずれにしても密着担ぎパス系の対策は必要ですね。

追記:
道場で先生に聞いたら謎が解明できました。
後日解説記事を書こうと思います。

無差別級

初戦

パスしてからのニーオンを狙うタイミングでふっとばされて一気にピンチになりました。
安定したニーオンの作りからやり直します。

準決勝

プレッシャーがきつかったですね。三角絞めの形になって、同時にパスディフェンスもやっていたのですが見事に破壊されてしまいました。
対戦相手の田中さんがブログを読んでくれていて、ワールドマスターの試合動画も見たとのことでなんだか嬉しかったです(負けたことは悔しいw)。

対戦相手の皆さん、ありがとうございました。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする