TFC10反省会

スポンサーリンク

こんにちは、taikiです。
連休に開催されたトライフォースチャレンジという道場イベントに参加して来ました。
対戦相手の皆様、運営の皆様、応援して頂いた皆様、ありがとうございました。

今回のテーマはトップポジションです。
これまでのような下から三角絞めを狙う戦い方ではなく、スイープをしてトップを取る戦い方にチャレンジしました。

初戦

トップを自ら選んで試合を進めました。
ワームガードの解除の仕方がわからなくて、スイープのシーソーゲームになりましたが、デラエックスからのスイープ、パス、ニーオンでポイントを重ね、マウントはとれずにクローズドガード。その後、再びスイープして、パス、ニーオン、マウントで終了4秒前に三角絞めという出来過ぎの結果にw

ワームガード対策という課題がわかったと同時に、トップにチャレンジしてパスとニーオンでポイントを重ねるというここ最近の練習の成果が出せました。

第2試合

こちらは、テイクダウンして、スイープされて、スイープして、スタンドになって、引き込んでスイープして、スイープされてというシーソーゲームの展開。
最後にしびれを切らして三角絞めを解放しました。
相手が足を大きく開いてくるパターンの対策が少なかったですね。両足草刈りからのスイープへのプレッシャーが少ないからそこでなにも生まれないという課題もわかりました。もっとスイープを仕掛ける必要がありそうです。

まとめ:トップポジションが出来る方がいいに決っている

今まではトップポジションになるのが恐くていつもボトムからの展開でしたが、今回は思い切ってトップポジションにチャレンジしてよかったです。
まったく出来ないわけでもないし、パスガードだって、少ないながら引き出しはある。
パスガードを想定したスイープをしたいですね。

8月のワールドマスターまでに何を準備するかそろそろ考えないといけませんね。

この記事をお届けした
三角絞め研究所の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする